引越しの見積もりでキャンセルを怖がらないで済むコツ

引越しの見積もりでキャンセルを怖がらないで済むコツ

引越しの見積もりでキャンセルを怖がらないで済むコツ

 

引越しの見積もりを取るときに、
複数の引越し業者から見積もりを取った方が、
自分の引越しに対しての具体的な金額を比較できて良い、
ということが分かってきた人が増えてきました。

 

 

一方で、確かに複数の引越し業者から見積もりを取る方が便利だけど、
キャンセルが大変というのがあります。
また、既に見積もりを貰って一度は決めたけど、
やっぱりキャンセルをしたい、高い気がするので他の業者の見積もりを取りたい、
という場合もあります。

 

 

こういう場合、いくつかポイントがあります。
通常、見積もりを取るときに「キャンセルについてはどうですか?」と聞く人もいれば、
聞かない人もいます。

 

 

この時、出来れば聞いた方が良いですが、
聞いていなければ、見積書に添付してある「標準引越運送約款」という
小さな字で書かれた文章を見つけてください。

 

 

その中にキャンセル料(解除料)について書いてあります。
大手の引越し業者ならほとんどが当日のキャンセル20%、
前日のキャンセル10%です。

 

 

ただ、中には3日前、1週間前のキャンセルは料金が発生します、
という営業マンもいます。
この場合、既に約款を違反しているため、
言ってみれば「ウソ」となります。

 

 

なんでこんな話になるかというと、
契約をキャンセルして欲しくないからです。
違反は違反なのですが、営業としてはあり得る姿の一つです。
ただし、こういう場合、きちんと相談出来る機関があります。

 

 

それが全日本トラック協会です。
さらにこちらもチェックしてみてください。
引越優良認定事業者一覧

 

 

要はちゃんとした引越し業務を行う事が出来る会社ですよっていう認定です。
大手の引越し業者ならまず見つかるはずです。
キャンセルが出来るはずなのに出来ない、高いキャンセル料が求められる、
そういう状況の時にはここに相談してみると良いです。
相談はこちらで出来ます。
引越安心相談について

 

 

ここまでごたごたするケースは少ないと思いますが、
通常はキャンセルというのは「キャンセルの意思を示す」事によって、
明確にキャンセルとなります。

 

 

よくある「担当者がいない」とかっていうのは理由にはなりません。
メール、あるいは電話で「キャンセルをします」と明確に伝えることだけが大事です。
ただし、ちょっと注意したいことがあります。

 

 

それは事前にダンボールなどの梱包材を受け取っている場合です。
特に、見積もりを受けて「お願いします」となった場合、
大抵はダンボールなどを持ってきます。

 

 

これはたとえ引越しの中での無料プレゼント分であったとしても、
それは前提条件として「引越しの成約」というのがあります。
このため、どこの引越し業者も「訪問見積もりプレゼント」というのはありますが、
梱包材を「見積もりを受けてくれるだけでプレゼント」というのはありません。
それどころか、成約にならなかった場合は返品してくださいってなってます。

 

 

通常は、見積もりが決まるまではダンボールは出てこないのですが、
決まった後の場合はこういうケースになりやすいです。
この場合、既に受け取っているならば、返品の必要があります。
さらに、既に「使っている」場合は、使った分の費用が発生します(大抵は1箱数百円)。

 

 

ただ、この返品については、他の引越し業者に決まった場合、
営業の人に相談することが出来ます。
他社さんのダンボールとかがあるんだけど、
返品をお願い出来ますか?っていう感じです。

 

 

こうやってキャンセルをする敷居をどんどん下げてしまうと楽になります。
最近出てきたサービスで、このキャンセルがウルトラ楽なところが出てきました。
そこも無料一括見積もりをサービスと提供していますが、
ここのサービスは「お手軽」を大事にしています。

 

 

このため、各業者の見積もりについてその金額が一覧で管理画面に表示されるようになっています。
実はそれだけで無く、キャンセルもこの管理画面の一覧から出来るようになっています。
管理画面で見積もり状況をチェック出来るようにすることで、
いろいろな手間を省くようにしたのです。

 

 

このため、キャンセルについてわざわざ業者に伝える必要もなく、
管理画面からキャンセルを押せば良いだけになりました。
見積もりは取りたいけど、キャンセルが精神的に苦痛という人にとって、
これは画期的な仕組みになってます。

 

 

少しでも安心して見積もりを取りたいという人は是非チェックしてみてください。
詳細はこちらから↓